チャリ宣気まぐれブログ
チャリ宣公式ページはコチラ!

自転車看板チャリ宣にまつわるブログを公開しています。
宣伝活動から選挙活動まで、幅広い話題をご提供!
更にチャリ宣の魅力もご紹介して参ります。
2017年08月27日15:41
ランニングコストの安い広告ツールのチャリ宣

通常の主な広報活動は、どうしてもランニングコストがかかってしまい、経営を圧迫してしまいます。インターネットのホームページの集客でも、ある程度お客様に企業の存在を知ってもらうのにある一定の時間を要します。そこで素早くランニングコストを抑えてスマートに広報活動が出来る強い見方が自転車広告看板のチャリ宣です。

ママチャリに簡単に設置出来て、宣伝カーの様に広い収納スペースを必要としません。
駐輪場にすっぽりと収まりますので、保管に関する費用も少なくて済みます。

また、通行人と同じ目線に広告を見せることが出来るので、より詳細な広告でも、目に留まりやすく認識度も高くなります。

また、ポスターを入れ替えるだけですぐに別の広告も差し替えることが出来るので、
臨機応変に広報活動を行うことが出来ます。

投稿者:チャリ宣
2017年08月13日17:00
チャリ宣ニュース

自転車広告看板のチャリ宣が現在多くのご注文を頂いております。選挙活動のツールとしてや、小売り店様、アミューズメント企業様などに多くのご愛顧を頂いております。リーズナブルにより効果的な宣伝ツールとして大活躍してくれるチャリ宣を活用して、販促ツールとして役立ててみてください。

投稿者:チャリ宣
2017年01月25日16:20
アミューズメント系企業様にご好評いただいています。

アミューズメント系の企業様に多くのご支持をいただいている、自転車看板広告のチャリ宣はただいま多くのご注文いただき、おかげさまで間もなく販売台数200台を迎えようとしています。マンガ喫茶やゲームセンターなど、地域に密着した広報活動が必要な企業様にチャリ宣は、なかなか宣伝効果が出ないとお嘆きの企業様に、新たな宣伝ツールとしてご活用いただけるツールとなっています。自転車広告看板のチャリ宣を使って宣伝活動を成功させてみましょう。

投稿者:チャリ太郎
2016年06月21日19:13
東京都知事選に向けてチャリ宣はいかがですか?

東京都知事選が間もなく開始されますが、選挙活動をよりリーズナブルに、より効果的に高めてみませんか?

チャリ宣はお店の宣伝や企業の広報活動のほかにも選挙活動でも威力を発揮してくれます。

東京というスペースが限られた地域でも、収納も簡単ですし幅広い地域に分散しての宣伝活動が可能になるのがこのチャリ宣の魅力です。

少ない予算でより効果的な選挙活動を目指すならチャリ宣が素晴らしいパートナーになってくれるはずです。

投稿者:チャリ太郎
2015年10月14日17:54
低コストで効果抜群の宣伝ならチャリ宣

多くの商店や事業者が頭を抱える課題のひとつが、いかにして自社の商品やお店などの知名度をアップさせるかということです。
そのためには、広告やマーケティングなどの努力が必要となりますが、
これらを行うには少なくない費用と、周知のために多くの時間を要します。

そんな悩める商店や事業者のために、
低コストかつ短時間で効果を上げることができるオススメな宣伝方法として、チャリ宣という方法があります。

これは、自転車の荷台に広告塔を搭載し、人力で自転車を走らせて宣伝する、極めてユニークな宣伝方法です。
この方法では、広告塔を購入し、自前の荷台付きの自転車に取り付けるだけというシンプルな手順で、
誰でも簡単に始めることができます。広告塔は50000円から購入することができるため、
広告やマーケティングに大きな金額を割けない個人商店や事業者にもオススメです。
また、宣伝活動も自転車を走らせるだけなので、自分の頑張り次第でどれだけでも効果を上げられる点も魅力です。
自転車に広告塔を取り付けるというユニークな見た目から、見た者へのインパクトは強烈であり、短時間でも高い宣伝効果が見込めます。

このように、宣伝に迷ったときには、チャリ宣がオススメな宣伝方法です。

投稿者:チャリ宣
2015年10月14日17:53
ママチャリで宣伝できるチャリ宣

チャリ宣とはママチャリの荷台に取り付けることで誰でも簡単に宣伝ができる商品です。
販売価格は税込み49800円ですが、誰でも簡単にママチャリで宣伝できるので高いコストパフォーマンスが期待できます。
自転車に荷台が付いていればレンチ1本あれば取り付けることが可能ですし、慣れていれば5分程度で取り付けることも可能です。

A1サイズの額縁フレームがすっぽりと入る構造になっているので広告を差し替えるのが簡単です。
中身を入れ替えれば何回でも使い回せるので、ラベル印刷などよりもコストを抑えることが可能です。
これまでの自転車広告は大きなスペースを必要とするものばかりでしたが、
これは自転車の後部に取り付けるだけなので大きなスペースが必要ありません。
そのため、狭い場所でも手軽に宣伝をすることが可能です。

チャリ宣は主に店舗が新オープンした時の告知や宣伝、
イベントや催し物の告知、選挙活動などに利用されています。

新オープンした店舗から少し離れた場所で宣伝活動を行えばその地域の幅広い人にお店を認知してもらうことが可能になります。
選挙活動に利用する場合は場所を変えながらの活動が可能ですし、
複数を購入すれば同時に多くの箇所で宣伝をすることが可能です。

A1サイズの大きな選挙ポスターを使用できるので有権者からの注目度も抜群です。

投稿者:チャリ宣
2015年10月14日17:53
宣伝効果抜群の「チャリ宣」

ママチャリをローコストな広告ツールに変身させる「チャリ宣」が49800円で販売されています。
「チャリ宣」はできるだけ安い値段で広告を出したい事業者や店主のニーズに応えて開発されたものです。

自転車の荷台に広告を入れた額縁フレームを取り付けて広告宣伝活動ができるというものです。
広告の設置が簡単で、額縁にはA1サイズのフレームがすっぽり入ります。
例えば自分でパソコンなどでチラシを作成しA1サイズでプリントアウトしたものを額縁に入れると格安で済みます。

広告の入れ替えも簡単にできるため様々な広告に臨機応変に対応できます。
飲食店などのオープン告知や遊戯施設のイベント案内など週替わりのイベントなど様々な告知に活用できるのです。

今までは荷台に広告を載せたアドトラックなどは繁華街の道路を走っているのを見かけましたが、
広告を載せた自転車など見たことはなかったです。だからこと街中で注目を集めることになり、
さらに2台3台と連なって展開すればかなりの宣伝効果が期待できるのです。

取り付けも2627インチの荷台のある自転車なら大掛かりな作業も必要なくレンチ1本あれば5分ほどで簡単取り付けることができます。

投稿者:チャリ宣
2015年10月14日17:53
チャリ宣は収納が便利

宣伝広告と言えば、企業が自社や自社の商品などを世間に知ってもらうために出すものです。
壁に貼りだしたり、チラシとして配布したりと様々な方法がありますが、その費用は高額になりがちです。
有限会社角筈では、新しい広告の方法として「チャリ宣」という商品を開発し販売しています。

チャリ、すなわち自転車に取り付けることができる宣伝のための器具です。
自転車の荷台部分に取り付けるもので、レンチ1本で誰でも簡単に装着できます。
自転車の荷台に取り付ける程度の大きさなので、大きすぎず収納が便利だというのが特徴です。
A1サイズの額縁フレームがすっぽり入る程度の大きさです。
値段は税込みで49800円となっています。

使用方法は様々ですが、新しくオープンしたお店や短期間のイベントなど宣伝費を抑えたい時に特にお薦めの商品です。
また、最近よく見かけるようになりましたが、選挙活動などで自転車で回られる候補者の方にも便利です。
機動力のある自転車で、更にチャリ宣によりインパクトのある宣伝活動が可能です。
また、自転車ということでどこでも駐輪することができ保管にもコストがかからないのも利点です。
お金がかからない宣伝方法を、是非利用してみて下さい。


投稿者:チャリ宣
2015年10月06日19:01
飲食店の宣伝をチャリ宣で

飲食店を経営しているとその宣伝方法に迷うものです。宣伝をしたからといって利益が確定するわけではないため、その投資もできるだけ少なく済まし、かつ効果的なものは無いかと思うでしょう。一回限りではなく、何度も使うことの出来る宣伝媒体があると便利です。例えば車のラッピングですが、これは費用が掛かりすぎるという印象を持つものです。そこでチャリ宣という宣伝の方法を紹介します。チャリ宣とは自転車の後方にある荷台へと看板をくくりつけて、移動宣伝車の自転車版を作るというものです。これはどのような業種においても効果的で、それには飲食店の宣伝ももちろん含まれます。なぜ効果的かというと、まずその形状が人の目を引きます。今までに無い宣伝というものは注目を集めるものです。さらに嬉しい面として、永続的に使用可能ということがあります。一回限りの使い捨ての投資ではなく、しっかりとメンテナンスをしながら運用することで長い期間使用できるのです。宣伝効果を長く持続できる媒体として、これほど安価に導入できて新しいものというのはまず存在しません。この新しい宣伝方法をわずかなコストで試してみるのはどうでしょうか。耐用年数内にその宣伝効果で減価償却できるのは目に見えています。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日19:01
自転車での選挙活動での法律上の決まり

「公職選挙法」によると、自動車で活動を行う際には自動車の使用に制限がかけられていますが、そのほかの車、つまり自転車やソリなどには使用するにあたっては制限はかけられていません。なので、自転車で選挙活動を行うことにより、住民の方々とより密接に接することが可能となり、現在では多く活用されています。しかし、この活動内容には様々な法律上の規制がかけられています。まず、活動するにあたって、文章の規制があります。これは、選挙事務所の場所を示す看板や、選挙運動用ポスター等、決められた方法以外の文書を使用してはならない、という決まりがあるためです。後ろに付けられる「のぼり」は、法定外文書になるため、使用できません。また、選挙活動のためにポスターなどを頒布する場合、その使用枚数にも制限があります。そのため、ポスターやビラを張り付けて走行することは、「不特定多数の人が受け取った」とみられるために禁止されています。なお、「タスキ」は法律上使用してよい文書であり、回覧制限もありません。そのため、「タスキ」を着用して活動することは許されています。次に、演説のタイミングです。演説は一か所にとどまってしなければならない、という規定があるため、走りながら演説することはできません。また、自分の名前を連呼することは演説会場で行っている場合、選挙カーを利用している場合以外はしてはいけないと定められているため、名前を連呼しながら走ることはできません。そう考えると、この活動は主に移動手段、そして有権者の方々と密接にかかわるチャンスを作るものだととらえることが妥当だと考えられます。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日19:00
自転車の広範囲の選挙活動に関して

政治家にとっては何としてでも選挙に勝ちたく、可能な限りたくさんの票数を取りたいと考えています。そのためには他の政治家と同じ行動をするのではなく、まだ誰もやっていない事をした方が良いとされています。では実際にどの様な事をするべきかは自転車を使って、今まで以上に広範囲な選挙活動をしていく事です。これはとても適当なやり方であり、自動車や歩いて地道に活動をするよりも非常に効率的だと言われています。何故なら広範囲に動こうとする時には出来る限り自動車に乗る事は避けるべきで、最も小回りの利く物を選ぶべきだからです。そこでもっと工夫して得られるメリットに関してはちゃんと活動をしていく事で、政党名などを国民が覚えてくれる事です。しかもずっと続けていけば絶対に所属している政党のアピールにも繋がるから、かなり良い事です。ですが選挙活動の内容にも厳しく制限があるので、きちんと守っていかなければならないです。それは絶対に重要な事となっていくので、自転車で活動する場合にも己自身にしっかりと肝に銘じておく必要が出てきます。そうする事で政治家も自分達の行動に責任を持つ事が出来て、昔よりも選挙のための活動などに一層集中して行う事が可能です。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日19:00
自転車を使った選挙活動の効果



選挙カーというものは人々の反感を買うものです。切り詰めた生活をし、苦労をしている最中にあの大音量でがなられてはたまったものでは無いのです。確かに選挙カーには一定の効果があります。繰り返し同じ名前を叫ぶことで人間の脳に刷り込みを行うという効果があるのです。しかしこれは真っ当な票数の稼ぎ方ではありません。むしろ人の判断力を低下させる方法で、支持されるべきものでは決してありません。ここで自転車を使った選挙活動を勧めます。なぜなら自転車にはクーラーもありませんし、拡声器も存在しません。そのためこの選挙活動を見かけても一切不快を感じることは無いのです。むしろ好感を得る見込みがあります。反対にそれ以外の、選挙カーを用いている政治家への票数の低下を見込むことができるでしょう。もちろん、この宣伝方法は選挙費用の無い政治家にとって最適なものです。また、選挙費用が少ない場合に採れる数少ない手段とも言えるでしょう。
このような宣伝方法を行う場合、ネックとなるのは天気です。この場合は合羽を着用して活動することになります。しかし病気になっては元も子も無いので豪雨の場合は中止すべきでしょう。ただ、少しぐらいの雨ならば活動を続けることは可能なのです。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日18:59
自転車で選挙活動の効果に関して

選挙活動を行う時には様々な方法が考えられるが、特に適している物は自転車だと言われています。この事は意外と感じる人達もいるかもしれないが、自動車や歩いて活動をするよりもよっぽど効果を得れます。その理由はより広報出来る範囲が広がってきて、凄く小回りが利く所もとても適しているとされているからです。しかも他の政党の人達もまだやっていない事なので、国民にとってはそれなりにインパクトを与えます。それとしっかりと顔を覚えてもらう事にも繋がってくるから、所属している政党のアピールにもなってきます。だから政治家が選挙をする場合には積極的に使ってみるべきであり、上手くいけばたくさんの人に投票してもらえる事も全く夢では無くなります。そして工夫して得られる利点に関しては、事前に話す事を決めておく事です。それは自転車を実際に漕いでいるわけなので、その時にどういう事を話すかを考えていては運転が危ないからです。しかしちゃんと選挙活動をする前に考えておくとスムーズに伝えたい事が言えて、選挙にも勝てる可能性が上がってきます。よって効果をより確かな物にするためには、ずっと先の事も考慮に入れておく必要があると分かってきます。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日18:59
庶民に親しみのある演説

選挙活動で遊説といえば、選挙カーで街中を走り回るイメージがあります。しかし昨今の選挙事情では、お金がかからずに親しみのある遊説活動ができるということで、自転車による遊説も増えてきています。後援会も事務所もっていない、資金力に乏しいがやる気にみなぎる若手は、ハンドマイク片手に草の根演説をするのです。単身行うことが多く人数が多いものではないので派手ではないですが、足を使っての選挙運動には地域に密着した姿勢が見て取ることができます。その運動方法ですが、選挙カーなどに比べていくつかの制約があります。選挙活動では選挙運動用ポスターなど決められた方法以外の文書を掲示することはできないので、選挙運動のスローガンを書いたのぼりなどを載せることはできません。しかしたすきは使ってよいものと法定されているので、乗車しながらつけていても大丈夫です。演説は一箇所にとまって行わなければならないので、乗車しながら演説はできませんし、自分の名前を連呼することもできません。自転車遊説はバックボーンがなくとも選挙で効果を発揮することができる、有効な方法です。政治の腐敗を嘆く意識の高い若者は政治の世界にどんどん飛び込んでいって欲しいものです。

投稿者:チャリ宣
2015年10月06日18:58
チャリ宣という新しい宣伝形態

宣伝というものはとにかくコストがかかるものです。また、そうしてかけたコストに見合った宣伝効果が出るとは限りません。例えばチラシをその商品のターゲット層とは異なる層に配布してしまうと全くのロスとなってしまいます。しかし不特定多数の人への宣伝というものは効果があるものです。また、ターゲットを明確にしないことで一定の効果は必ず出るようになります。選挙活動においてこういった宣伝を行うために新しい形態のものが生まれました。それはチャリ宣というもので、自転車の荷台に看板を設置するというものです。これは選挙運動という不特定多数の人に向けた宣伝として効果が見込まれます。最近では選挙カーの宣伝に不快感を示す人も多く、むしろその拡声器で名前を喧伝している政治家には票を入れないようにする人もいます。しかしチャリ宣においては、まずその車の使用をしていないために好感を得ることができるかもしれません。また、選挙カーを使用するより安く済み、選挙費用を抑えることも可能です。確かに荷台は重くなりますが、その選挙活動の苦労に見合った票数を得ることができるでしょう。選挙運動において新しい宣伝方法は常に模索するべきです。それを取り入れるということは市民に対する進歩的な姿と映るでしょう。

投稿者:チャリ宣
2015年10月06日18:57
自転車での選挙活動のすすめ



政治家というものは苦労して初めて人に認められるものです。

もし票を持つ国民が暑い日中に外で働いていた場合、
そこを強烈なクーラーを効かせながら大きな声で「清き一票をお願いします」と怒鳴られたらどう思うでしょうか。
もちろんその政治家のイメージはダウンし、反感を買うでしょう。
しかし反対にその暑さの中、自分と同じように汗を流しながら選挙活動をしている政治家を見かけたなら、
その人には好感を持つはずです。

そういった、人々と同じような環境で選挙活動をするにはどうすればよいでしょうか。
徒歩でも良いのですが、それではさすがに地域全てを回ることもできませんし何より時間がかかりすぎてしまいます。

そこでチャリ宣というサービスを利用してはどうでしょう。
このチャリ宣は自転車を使った宣伝方法です。
自転車の荷台へ看板を取り付けて、そこに候補者のポスターを貼るのです。

これを漕いで地域を回ることは選挙にとって効果的なものとなります。
特に都内などの狭い入り組んだ路地を通ることもできますし、
何よりその物珍しさは十分な宣伝力をもっています。
選挙カーの不快感に比べるとチャリ宣の看板ははるかに人の共感を呼ぶものです。
こういった新しいサービスを利用することは中小企業の支持を集めることにも繋がるでしょう。

投稿者:チャリ宣ボーイ
2015年10月06日18:55
自転車で選挙活動をするメリットについて

選挙をしている政治家は何とかして勝たなければいけなく、票を集める為に色々なやり方を考える必要性が出ています。しかも可能な限り他の政党が行わなそうな物を選ぶ事も適当な補法とされていて、考えが広がっていきます。では実際にどういった物があるかを見ると自転車で選挙活動をする事で、今までに誰もやらなかったやり方です。ですがメリットとしては大きな部分を占めていて、たくさんの人達の注目を集めるには効果的となっています。それにしっかりと政党として何を言いたいかも伝える事が可能であり、これまでの方法とは明らかに違っています。だから実際に行動に移してみる事ではっきりとした効能を発見出来るから、まだやっていない政党はするべきです。そして2つ目のメリットに関しては、きちんと国民に自分達の言葉で物事を言える事です。これは色々な報道機関を通する事がほとんどだが、なるべく直接口から言った方が多くの人達の心に届いていくからです。それと選挙活動を自転車に変えていく事で、これまで分からなかった国民の生活も確認が効いてきます。よってどの政党も普段から地道な活動をしていくべきであり、もっと国民に寄り添った政治をする事が求められています。

投稿者:チャリ宣ボーイ